老眼?加齢黄斑変性?加齢に伴う目の症状を詳しく解説

最近手元が見えづらいと感じている人の中には、「年齢による老眼だから仕方がない」と思っている人もいるのではないでしょうか?しかし、物が歪んで見えたり、見えている景色の真ん中が暗くなったり見えなくなったりする人は要注意です。それは加齢黄斑変性の症状かもしれません。

早速老眼と加齢黄斑変性の違いを詳しく解説しましょう。

【老眼と加齢黄斑変性は違うの?】

40代に入ると、多くの人が手元の見えづらさや小さい文字の読みづらさを感じるようになります。これは俗にいう「老眼」です。加齢に伴う自然な変化である「老眼」は放っておいても問題はありません。

しかし、老眼と間違いやすい病気があります。それが「加齢黄斑変性」です。それぞれの症状を詳しく見ていきましょう。

【老眼とは】

老眼とは、簡単に言えば目の老化です。

目の中には水晶体というカメラのレンズに相当するパーツがあります。年齢を重ねるにつれ、この水晶体を吊り下げている「毛様体小帯」が衰え、水晶体も厚くなるため細かいピントの調整が難しくなり、手元や小さい文字が見づらくなるのです。

若い時は、見るものに合わせて毛様体小帯が水晶体の厚さをスムーズに調節するため、近くのものも遠くのものもよく見えます。しかし、年齢を重ねるにつれて毛様体小帯の動きが鈍くなるだけでなく、水晶体そのものもかたくなるため厚さの調整が難しくなってしまうのです。

老眼は生きていれば誰でも経験するものです。自然な変化ですから薬や手術で改善することはできません。

【加齢黄斑変性とは】

老眼と間違われやすい目の病気に「加齢黄斑変性」があります。

加齢黄斑変性は目の中にある「黄斑」という組織が、年齢を重ねることでダメージを受け、ものが見えづらくなってしまう病気です。症状がゆっくり進行する「萎縮型」と、網膜のすぐ下に新しい血管ができる「滲出型」の2つのタイプがあります。

もし最近になって次のような症状が現れた時は加齢黄斑変性を疑いましょう。

・視界の真ん中が暗くなる。あるいは欠ける

・視界がゆがむ

・視力が低下する

【加齢黄斑変性を放っておくとどうなるの?】

加齢黄斑変性は、放っておくと失明につながることもある病気です。

「最近なんだか見えづらいな」と思った時点で、早めに眼科を受診しましょう。

加齢黄斑変性の主な原因は、加齢です。近年、生活習慣の欧米化に伴い、加齢黄斑変性を発症する人が増えてきています。

網膜の下に新しい血管ができる「滲出型」の場合、血液中の成分が漏れ出て眼球の中に溜まってしまったり、血管が破れて出血したりしやすいのが特徴です。急激に視力が低下した時は滲出型の加齢黄斑変性を疑い、すぐに眼科を受診しましょう。

【加齢黄斑変性の治療】

加齢黄斑変性の治療は、そのタイプによって異なります。

【萎縮型の治療】

萎縮型の場合、症状がゆっくり進行することもあり、薬の処方や手術は基本的に必要ありません。定期的な検診を行い、症状の変化を把握しましょう。

ただし中には萎縮型から滲出型に移行する場合があります。滲出型に移行した場合は、症状に合わせた治療が必要です。

【滲出型の治療】

滲出型は「抗VEGF療法」という方法で治療するのが一般的です。抗VEGF療法では、網膜のすぐ下にできた新しい血管の働きを抑える薬を眼球の中に注射します。

この他に、新しい血管をレーザーで破壊する「光線力学的療法」や「光凝固法」が用いられることもあります。

加齢黄斑変性は、早期に発見できればそれだけ治療後の見え方の変化も最小限に抑えることができる病気です。日ごろから視界がゆがんでいたり、視界が欠けていたりしないかチェックして、早期発見に努めましょう。

【まとめ】加齢黄斑変性の予防は生活習慣改善から

加齢黄斑変性は、喫煙やバランスの悪い食事、肥満、運動不足などが原因で起こりやすくなるとされています。日ごろから健康的な生活習慣を心がけ、加齢黄斑変性を予防しましょう。

特に緑黄色野菜に含まれる「ルテイン」は、加齢黄斑変性の予防だけでなく目を健やかに保つためにも必要不可欠な栄養素です。積極的に緑黄色野菜を食べて、健やかな目を保ちましょう。

参考URL

https://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/library/amd/

https://www.jiji.com/jc/v4?id=wetamd14080001

https://www.gankaikai.or.jp/health/37/02.html

Written by Yuuki. Supported by Fact Imaging LLC.
Supervised and edited by Nanase.

県境なき医師 七瀬

疾病と健康についての正しい知識が得られれば、間違った医療や健康法で身体を損なうこともなく、医療費を抑制できるはず、との理念を持っています。1人の医師が出来ることは手の届く範囲のことだけですが、情報発信で助かる命や健康もあるはず、と思って頑張ります。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です