心房細動ってどんな症状?治療法と発作時の対処法

最近、どきどきしたり、少し動いただけで息切れしてしまったりしませんか?もしかすると、それは心房細動によるものかもしれません。この記事では心房細動の症状を解説するとともに治療法や発作が起きた時の対処法をわかりやすく解説します。

心房細動ってどんな症状?命の危険はないの?

心房細動と聞くとなんだかとんでもない病気のように思えますが、日本では約70万人以上の人が罹患している比較的多い病気です。普段は心房細動の症状が全くないか、気付かない程度の人もたくさんいます。

心房細動になると、普段は規則正しく動いている心臓が速く不規則に動くため、動悸がしたり、息が切れたりするのです。

心房細動は、健康な人でもなることがあります。発症のきっかけはストレスや睡眠不足、お酒の飲み過ぎなど様々です。

年齢が上がるにつれて発症率が上昇し、男性よりも女性の患者さんの方が多いとされています。

心房細動そのものは、命に係わるような症状ではありません。しかし、動悸や息切れといった症状が現れたり、疲れやすくなったりすることで生活の質が低下してしまうことがあります。

また、心房細動になると「血栓」という血の塊ができやすくなります。血の塊が脳の血管に詰まると脳梗塞を発症してしまうので、心房細動の症状がある人は脳梗塞や心筋梗塞などの血栓塞栓症(血管が詰まってしまう)には注意しましょう。

心房細動は、命にかかわることは稀な病気です。しかし、心房細動に伴う脳梗塞などの血栓塞栓症は命にかかわります。

また、心臓の動きが不規則になることで心臓に負担がかかり、心不全を引き起こしやすくなります。

「症状が無いから放っておいても大丈夫」と思わず、血栓塞栓症予防のために、心臓専門の内科医(循環器内科)を受診しましょう。

心房細動かもしれないと思ったら

「最近息が切れやすいな」

「疲れやすくなったな」

「動悸がするな」

と思ったら、心房細動(弁膜症の可能性もあります)を疑って循環器科を受診しましょう。かかりつけの病院がある人は、そちらで相談してみるのも良いと思います。

心房細動の症状が出ているかどうかをチェックするときは、首(手首だとわかりにくいので)の脈を見ます。

首の脈に手を当てたとき、普段よりも速かったり、速くなったり遅くなったりを繰り返すとき、つまり一定のリズムで脈拍をうっていないときは心房細動の可能性があります。

病院では、心電図やCTなどの様々な検査を行います。その結果心房細動とわかれば、心臓の動きを規則的に保つための治療を行います。心臓の動きを規則的に保つことで心臓の負担を軽減し、脳梗塞や心不全といった合併症を防ぐのが目的です。

治療は主に薬で行います。抗不整脈薬や血液をサラサラにする薬を使うのが一般的です。

重篤な心房細動の時は、(稀ですが)電気除細動や手術を使って治療するときもあります。

電気除細動は、胸に電気を通すパッドを貼り、そこに電流を流すことで不規則な心臓の動きを正常に戻す治療法です。痛みを伴うため、薬を使って眠った状態で行われます。

心房細動の治療に用いられる手術は主に2種類です。

カテーテルを使った手術と開胸手術があります。現在ではカテーテルを用いた治療の成績がだいぶ向上してきています。

どのような手術をするかは患者さん一人ひとりの症状や執刀する医師の方針によって異なるので、担当の医師に確認してください。

心房細動は、生活習慣との関係も深い症状です。普段から健康的な生活を心がけ、必要以上にストレスを溜め込まないようにしましょう。

心房細動の発作が起きた時は

心房細動になると、突然動悸がしたり、息切れがしたりすることがあります。心房細動の発作です。常に心房細動の状態にある人とは異なり、一時的に心房細動になる人の病態を発作性心房細動といいます。

発作が起きた時は、次のようなことに気を付けましょう。

・無理に動かない

心房細動が起きている時は、安静にすることが大切です。無理に動こうとせず、その場に座るなどして安静にしましょう。

・薬を飲む

心房細動の発作が出た時のために頓服薬が処方されることがあります。医師の指示に従って服用してください。

・落ち着いて対処する

発作が起きると、パニックになってしまう人がいます。突然息苦しくなったり、動悸がしたりするのは誰でも不安です。だからといってパニックになってはいけません。冷静に落ち着いて対処しましょう。

【まとめ】早めに病院を受診して適切な治療を受けましょう

心房細動になると、脳梗塞や心不全を発症するリスクが高まるだけでなく、疲れやすくなったり息切れしやすくなったりすることで生活の質も低下してしまいます。

目立った症状が現れない人も少なくありませんが、脈拍が一定でないのではと気になる場合は早めに病院を受診して、適切な治療を受けるようにしましょう。脳梗塞になってから後悔するのでは悔やんでも悔やみきれません。

参考URL

http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/heart/pamph111.html

Written by Yuuki. Supported by Fact Imaging LLC.
Supervised and edited by Nanase.

県境なき医師 七瀬

疾病と健康についての正しい知識が得られれば、間違った医療や健康法で身体を損なうこともなく、医療費を抑制できるはず、との理念を持っています。1人の医師が出来ることは手の届く範囲のことだけですが、情報発信で助かる命や健康もあるはず、と思って頑張ります。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です