みんな白内障になる!その原因と治療を考える

正月などで親戚が集まると、必ずと言っていい程話題に上がるのが健康についての話題でしょう。

祖父母を始め、大人同士が健康について話す中でよく出てくる言葉の一つに「白内障」というものがあります。 加齢にともなって多くの人に関係してくる白内障について知識を増やし、その治療について知りましょう。

白内障とは?

白内障は年齢を重ねていくうちに罹患率が高くなる目の病気です。 40代から罹患し始めることが多く、50代では40~50%、60代では60~80%、70代では80~100%近く、80代では100%の割合で罹患します。

白内障は目の水晶体が濁って視力が低下してしまう病気です。 白内障になる原因は、ほとんどが加齢によるものですが、ほかにも下記が原因で白内障になることが知られています。

・糖尿病…糖尿病の方はソルビトールと呼ばれる特殊な糖が水晶体に蓄積されやすく、白内障の原因になります。

・アトピー性皮膚炎…10~30代の若い方が白内障を患う場合、アトピー性皮膚炎が原因になっていることがあります。

・外傷性白内障…スポーツをしているときや、事故に遭うなどで目を激しくぶつけてしまいったせいで白内障になることがあります。

・先天性白内障…生まれつき白内障にかかっていることがあります。母親の母胎にいるときに、母親が風疹などの病気にかかったことなどが原因に挙げられます。

・ステロイド白内障…病気の治療でステロイドの薬を長期間多用したことが原因でかかります。

白内障の初期症状は現われにくいため、罹患したことにはなかなか気付くことは困難です。 白内障に罹患して病状が進むと、下記の症状が現われます。

・物がぼやけて見える

・まぶしい

・物が二重に見える

・目が疲れやすい

普段とは違う、上記の症状を自覚すると白内障を疑って眼科に行くのがいいでしょう。

白内障と老眼との違いが分からない、と言われる方もおられます。

老眼は目のピント調整力が弱くなり、手元の字が読みにくく、また近くの物と遠くの物の間で視線を移動させるときに、ピントが合うのに時間がかかってしてしまうのが老眼の症状です。 老眼はメガネを用いて調節して改善することが可能ですが、白内障はメガネでは調節することができません。

白内障の治療と手術

白内障がそこまで進んでいない方は、点眼薬を目にさしたり、サングラスで紫外線を遮ったりして白内障の進行を遅らせていきます。しかしこれはあくまで進行を遅らせるもので根本的に治療するものではありません。

もし生活に支障が出てくるほど白内障が進行した場合は、手術を含めた治療を医師と相談することをおすすめします。

白内障の手術の技術は向上しており、日帰りで手術を受けることも可能になっています。 手術を受ける方は、3日前から抗生物質の点眼を行います。 手術自体は10分程度で終了することが多いです。

手術は、混濁した水晶体を取り除き、人工のレンズを眼内に入れることを目的としています。手術は局所麻酔をして行われます。点眼麻酔の後、注射麻酔を行いますが痛みはほぼありません。 水晶体に微細な穴を開けてそこを通して手術をします。濁ってしまった水晶体を超音波によって取り除き、代わりに人工のレンズを眼内に入れます。人工のレンズが水晶体の代わりになってピントを調節し、良く見えるようになります。

手術で目の中に入れる人工レンズは、生活様式に合わせて近くのものを見るのに適している人工レンズ、遠くの物をみるのに適している人工レンズがあります。 医師に相談しながら、生活様式に適したレンズを入れます。

手術後は、すぐによく見えるようになる方も、徐々に見えてくる方もおられます。

手術をしないまま白内障が極度に進行してしまうと、水晶体が硬くなってしまい手術で取り出すのが難しくなってしまいます。そうなると手術で取り出す際に、水晶体の周りの組織を傷つけたり、他の病気の合併症を併発したりする危険性があります。

目の手術というと、どうしても恐れが先に立ってしまいますが、今の技術は進歩していて、安全に短時間で済むため、恐れずに早めに受診して医師の診断を受けることが大切です。

白内障の予防

白内障は、加齢に加え、病気、遺伝、生活習慣などさまざまな要因が組み合わさって進む多因性の病気ですが、進行や発病を遅らせるためにできることはあります。

まずは生活習慣病にならないように、食生活に気を付けて生活の中で運動習慣を取り入れることが大切です。

喫煙も白内障を進行させる原因になるため、控えましょう。また、紫外線も白内障の原因になることも判明しています。

日差しが強いときに外に出る場合は目に日光が入らない大きめの帽子を被り、有害な紫外線を予防しましょう。サングラスもかけるとより紫外線を防げます。

まとめ

白内障はいずれ誰しもがかかる病気です。悲観的にならず、日常でできる予防を少しずつ始めて、備えておきましょう。 心配なことが出てきたら病院に行き、日常生活を安心して送れるように医師に相談をしましょう。

参考

KOMPAS – 慶應義塾大学病院KOMPAS – Keio University http://kompas.hosp.keio.ac.jp/sp/contents/000207.html

参天製薬 https://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/library/cataract/

目に効くサイト クリックeye http://clickeye.jp/cataract/

日本眼科学会 http://www.nichigan.or.jp/public/disease/suisho_hakunai.jsp

医療法人社団 海仁 http://www.kaiya-eyes.com/disease/cataract/faq/

スーパー図解 白内障・緑内障 監修 ビッセン-宮島弘子 発行所 株式会社法研

Written by Ando. Supported by Fact Imaging LLC.
Supervised by Nanase.

県境なき医師 七瀬

疾病と健康についての正しい知識が得られれば、間違った医療や健康法で身体を損なうこともなく、医療費を抑制できるはず、との理念を持っています。1人の医師が出来ることは手の届く範囲のことだけですが、情報発信で助かる命や健康もあるはず、と思って頑張ります。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です