風が吹いただけでも痛い!「痛風」の症状と治療・予防法

「風が吹いただけでも飛び上がるほど痛い」と言われる「痛風」は、決して他人事ではない病気です。食生活や生活習慣が欧米化するに伴い、痛風を発症する人が増えてきています。この記事では痛風の症状を紹介するとともに、治療法や予防法もお伝えします。

痛風ってどんな病気?

暴飲暴食した次の日、足の親指の付け根に痛みを感じたことはありませんか?ひどい人になると真っ赤に腫れてしまうこともあります。痛風は、慢性的にこのような関節炎に悩まされる病気です。

足の親指の付け根だけでなく、膝や足の甲、手など様々な場所で炎症が起きることで、「風が吹いても痛い」「痛くて何も手に付かない」状態になってしまいます。

痛風の原因は、血液中の尿酸です。血液中に含まれる尿酸の量が多くなる(尿酸値が高くなる)と、溶け切らなかった尿酸が固まって結晶になって関節に溜まります。

この状態では、まだ激しい痛みは起きていません。しかし、何かの拍子に尿酸結晶のかけらが関節液の中に入ると、尿酸結晶を「体に悪いものだ!」と判断した白血球が集まってきて攻撃を始め、強い炎症が起きます。

この炎症は「痛風発作」と呼ばれ、1週間から10日程度で治まることがほとんどです。一度痛風発作を起こした人は、関節に尿酸の結晶が溜まっている状態なので、いつ痛風発作が再発してもおかしくありません。

・普段からよくお酒を飲む人

・肥満気味の人

・激しい運動をすることがある人

・ストレスが多い人

・通風の家族がいる人

・水分をあまり摂らない人

これらに該当する人は痛風になりやすいので、普段から食生活や生活習慣に気を配るようにしてください。

痛風の治療はどんなことをするの?

では、痛風の治療はどんなことをするのでしょうか?

通常、痛風の治療は薬で行います。痛風発作があるときは痛風発作の痛みを和らげる薬を使い、痛みが治まってから尿酸値を下げる薬を使うのが一般的です。

一気に尿酸値を下げると体に負担がかかるため、まずは少量の薬から初めて、少しずつ尿酸値を下げていきます。

それと同時に生活習慣改善に取り組むことが大切です。

人によっては、治療している間に尿の通り道に尿酸の結晶ができ、尿路結石になってしまうこともあるので、「尿アルカリ化薬」が処方される場合もあります。

尿酸値を上手にコントロールできれば、痛風は怖くない病気です。まずは担当医の説明をよく聞いて、指示に従って治療に取り組みましょう。

痛風にならないために

「痛風は怖くない病気」と言われても、「ものすごく痛い」と聞けば「かかりたくない」と思うのが普通です。痛風にならないためには、次のことに注意しましょう。

暴飲暴食は控える

ついつい食べ過ぎ・飲み過ぎてしまうという人は、痛風になりやすいです。日ごろから腹八分目を心がけ、暴飲暴食しないように気を付けましょう。

水をたっぷり飲む

1日2リットルを目安に、しっかりと水分補給を行いましょう。しっかり水分補給をすると、血液の流れが良くなり、尿酸の結晶ができにくくなります。

適度な有酸素運動を行う

運動不足が気になる人は、散歩からでも構わないので体を動かす習慣を付けましょう。痛風予防のためには、筋トレなどの無酸素運動より、ウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。「おしゃべりしながら行うのが少しきついな」と感じる強さの運動を習慣にしましょう。

ストレスを溜め込まないようにする

ストレスが溜まると、尿酸値が上昇しやすくなります。普段からストレス発散を心がけましょう。

アルコールは控えめにする

アルコールには、尿酸値を上昇させる働きがあります。飲み過ぎは痛風につながるので、日ごろから節酒を心がけましょう。厚生労働省の「飲酒のガイドライン」によれば、1日当たりの適量は以下の通りです。意外と少ないですね。

・日本酒 1合

・チューハイ(7%のもの) 350ml

・ビール 中瓶1本

・ウイスキー ダブル1杯

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-03-003.html

お酒を飲む際の目安にしてください。

【まとめ】普段の生活習慣を見直しましょう

痛風は、普段の生活習慣が原因で発症すると言っても過言ではない病気です。暴飲暴食しがちな人は腹八分目を心がけるなど、普段の生活習慣を見直してみましょう。

参考URL

http://www.tufu.or.jp/gout/gout1/37.html

https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/gout.html

http://www.skk-net.com/health/illness/01/index04.html

Written by Yuuki. Supported by Fact Imaging LLC.
Supervised and edited by Nanase.

県境なき医師 七瀬

疾病と健康についての正しい知識が得られれば、間違った医療や健康法で身体を損なうこともなく、医療費を抑制できるはず、との理念を持っています。1人の医師が出来ることは手の届く範囲のことだけですが、情報発信で助かる命や健康もあるはず、と思って頑張ります。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です